料理があまり得意ではなくて、結婚してから毎日何を作ったらよいか悩み続けています。頼りになるのが、クックパッドやレシピ本です。
書店でレシピ本をよく立ち読みしているのですが、気になる本を見つけても毎回買っていると大変なことになってしまうので、最近は近所の図書館を利用しています。ネットで読みたい本を予約できるので便利です。6冊まで借りることができるのですが、毎回全部料理のレシピ本を借りてしまいます。
実は、結婚前から旦那は健康診断で血糖値が高くて、糖尿病の疑いありの再検査になっていました。結婚後にそのことを知りました。病院に行っていないことを知り、すぐに内科に行って検査をしてもらったところ、初期段階ですが糖尿病でした。
食事療法の説明をするので、奥さんも一緒に連れてきて下さいと医者に言われたそうで、私も一緒に病院へ行きました。食品分類表という食品ごとの1日当たりの摂取目安の単位が書かれている表を見て、何をどの位食べるかを決める必要があるそうです。重さや量をはかりながら調理するのは大変!とショックだったのですが、先生から血糖値を下げる食事の本もたくさん出ていて、レシピ通りに作るとバランスの良い献立ができるものもあると聞いて安心しました。
書店に行ってみると確かに血糖値を下げるレシピ本はたくさんあったのですが、結構お値段が張るものばかりでした。そうなるとやっぱり頼れるのは図書館ですね。図書館のホームページで検索してみると、書店とは比べものにならないくらいたくさんあり、すぐに図書館へ行きました。
特別なメニューでなくても、普段作っているおかずを塩分や糖分控えめで作っているレシピばかりで、安心しました。もともと料理が得意ではないので、かえってレシピ本通りに作るだけで、健康的な献立ができるなら、メニューに悩む必要もないし、私には合っているのかもしれません。実際作ってみてもおいしいし、自分も健康的になれそうです。毎日レシピ片手に頑張ります!