昼寝から目覚めて、暫く何だか気落ちする時がありますね。
無駄な時間という感覚が、うつで寝ていた時に多かった名残だと思います。
もう外に出られるし、体調に気を遣っていれば、何とかなるのに、妙に自分を責めてしまうのが起きた時だと思います。

僕は自己肯定感は少ないなと思います。うつの人は大体そうなんだと思いますけど、自分を卑下して、過小評価し過ぎてしまい、自分を責めてしまう、これがうつによくあるパターンなのだと思います。
今、何か出来る事があれば、それは一生勉強であると同時に、それが知名度だとかでも、求めていくのは大事かもしれません。
誰だって男は特に、生きていて、これが出来るのなら、こうしたいという願望はあるはずです。
それが一番良いのかは分かりませんが、恐らく、何もないよりは良いのでしょう。
社長になりたい人、組織で有名になりたい人、色々あるでしょう。

精神病って、その都度、気分によって考えが変わる事は確かにありますね。躁鬱は特にそれの幅が激しいのかもしれません。
書いている事はずっと、同じであっても、多少は変わるものなのかもしれませんね。

今、海外のボランティアもいいですし、誰かと話して、自分と共有出来たらいいとか思っています。違ってますね。