澤田流の場合、初伝、中伝、奥伝、免許皆伝となります。
5万、10万、15万、免許皆伝に35万くらいだと思いました。比較的安いと思います。
どちらがいいかというのは、難しいですね。先生への礼儀は結構厳しい方の部類だと思います。
失礼な言葉を言うと教えてくれない場合もありますから、常に低姿勢でなくてはなりません。
先生方も、大して金になるわけでもないし、そこまで傲慢なら教えないと思っちゃうんじゃないんでしょうかね。
小山流の場合、名取料の何割かは先生の懐に入るので、名前を売る事によって、食っていけるというのはメリットですね。
だから金で成功したいのなら、澤田流というより小山流かなあと僕自身は思います。
はっきり言って、流派を立ち上げた時の初代の人は、金にするやり方でいうと、小山流の方が上手だったと思います。
聞く度に、金があれば、名取、師範にはなれるのだくらいはやはり思いますし、小山貢○という名前が出ると、結構本人が喜びますしね。
本名が小山さんの場合、意味がないとは思いますけど。
とはいえ、津軽三味線の障がい者年金に関していうと、結構メリットはありますし、深くやりたいならお勧めです。ご病気にも種類はありますでしょうし、好きだったらぜひ。